入れ歯

自分に合った噛みやすい入れ歯

当院、愛歯科クリニックでは失った歯を補う方法として入れ歯(義歯)の製作を承っております。
保険で作る入れ歯から、使いやすい自費(自由診療)で作る入れ歯まで幅広くご提案、ご相談いただけます。

また、他院で作った入れ歯の修理や相談も承っております。

入れ歯には寿命があります

保険で作る入れ歯も、自費で作る入れ歯にも寿命はあります。
ご自分の年齢の経過(歯ぐきの衰え)によっても入れ歯が合わなくなってくることもあります。無理に使うと歯茎が靴擦れのように腫れたり水ぶくれのような状態になることもあります。

入れ歯についても定期的な歯科医院での健診は必要です。
しばらく歯医者さんに行っていないな・・・と思う方は定期検診にいらして下さい。現在のご自分の口腔内の状況を知ることはとても大切です。

合わない入れ歯をしてると起きる最悪のこと

歯ぐきがブニュブニュのグミになる

合わない入れ歯(義歯)をしていると、歯ぐきは靴擦れのような状態になります。
我慢して使っている人が多いのですが、これは絶対にしてはいけないことなのです。

歯ぐきは粘膜ですので、乾いて治るということがありません。傷になっても治るどころかブニュブニュのグミのような状態になって歯ぐきを守ろうとします。
でも、これは悪い状態になっているのです。痛いですし、なかなか治療も進まないのです。このグミみたいになった状態のことを「フラビーガム」と呼びます。

前歯の入れ歯の人がなりやすい

フラビーガムは前歯の入れ歯の人がなりやすい傾向にあります。
それは、下の歯でうえを突き上げることが多く、必要以上に前歯の歯ぐきに圧力がかかるからです。
本来、奥歯で噛むのに前歯で噛む癖が多い人はとても危険です。噛みあわせの治療が必要になります。
つまり、
・入れ歯が合っていない
・前歯の噛み合わせが良くない
・悪い噛み癖が付いている
などが挙げられます。

治療するにも困難なフラビーガム

歯ぐきがグミのような状態になっているフラビーガム部の入れ歯は、そこを削って当らないようにしてあげるしかありません。これは入れ歯にも歯ぐきにも決して良いことではありません。
治療方法は「入れ歯を削る」「噛みあわせの癖を直してもらう」「外科的治療として切って治す」くらいしかありません。
すごく辛いです。

フラビーガムにならないようにするには

入れ歯は失った歯を補う「道具」です。道具にはメンテナンスが必要です。
インプラントもそうですが、大切に扱えば長期に渡って使用できるのに、「作ったら終わり」にしてしまうとほとんどトラブルになります。
3ヶ月、最低でも6ヶ月に1度は自分のお口の中も含めて定期検診とメンテナンスを受けましょう。それ以外にケアはありません。

他院で作った入れ歯について

作った入れ歯も合わないからと言って、
「作ってもらった先生に悪いから・・・」
と、修正に行かない人も結構いらっしゃいます。なんらかの理由でその歯科医院に行きづらい方もいるでしょう。先生やその歯科クリニックにもよりますが、他の医院で作った入れ歯でも見てくれる歯科医院はたくさんあります。もちろん当院、東習志野市・愛歯科クリニックも、他院で作った入れ歯でも快く見させていただきますので遠慮なくご相談下さいね。

診療時間/曜日
9:30~13:00 × ×
15:00~19:15 × ×

休診日:金、日、祝祭日 最終受付:19:00

八千代台・実籾 愛歯科クリニックイラストマップ
© 2019 愛歯科クリニック

PAGE TOP